データベース

[C#] Oracleデータベースへ挿入を行う(INSERT)

2021年6月6日

オラクルデータベースに挿入(INSERT)するサンプルです。

サンプル

例)Oracleに接続、挿入、切断を行う

using System;
using System.Data;
using Oracle.ManagedDataAccess.Client;

//接続文字列
string connStr = "user id=XXX; password=XXX; data source=999.999.999.999:1521/ZZZ";

//SQL(INSERT文)
string sqlStr = "INSERT INTO xxx(aa, bb, cc) VALUES (A, B, C)";

//コネクションを生成する
using (OracleConnection conn = new OracleConnection())
{
  //コネクションを取得する
  conn.ConnectionString = connStr;
  conn.Open();

  //コマンドを生成
  OracleCommand command = conn.CreateCommand();

  //トランザクションを生成
  OracleTransaction transaction = conn.BeginTransaction(IsolationLevel.ReadCommitted);
  command.Transaction = transaction;

  try
  {
    //コマンドに値をセット
    command.Connection = conn;
    command.CommandText = sqlStr;

    //INSERT実行(戻り値には挿入した件数が戻ります。)
    int result = command.ExecuteNonQuery();

    //コミット
    transaction.Commit();
  }
  catch (Exception ex)
  {
    //ロールバック
    transaction.Rollback();

    //デバッグログ出力
    Debug.WriteLine(ex);
  }

  //コネクションを切断する
  conn.Close();

  //コネクションを破棄する
  conn.Dispose();
}

備考

  • 事前にVisualStudioにOracleのドライバー「Oracle.ManagedDataAccess」をインストールしておいてください。(以下、関連記事をご覧ください。)
  • 6行目の接続情報は以下記事を参考に、お使いの環境に書き換えてください。
    [C#] DBコネクション接続文字列のパラメータ一覧

関連記事

-データベース