データ操作

[C#] 文字列に文字を埋め込む(埋め草文字)

文字列に文字を埋め込む(埋め草文字)には、String.Format()関数を使用します。

サンプル1

例1)文字列に文字を埋め込む


//埋め込み文字
string a = "愛知県";
string b = "名古屋市";

//文字列に文字を埋め込む
string str = String.Format("{0}の県庁所在地は{1}です。", a, b);

//コンソールに出力する
Console.Write(str);

結果

愛知県の県庁所在地は名古屋市です。

埋め草にしたい箇所を{0}、{1}... というように指定します。
 第2引数以降に指定した値の並び順に従って、文字が埋め込まれます。

サンプル2

C#6.0以降ではString.Formatを使用せず、以下のように書くこともできます。

例2)文字列に文字を埋め込む


//埋め込み文字
string a = "愛知県";
string b = "名古屋市";

//文字列に文字を埋め込む
string str = $"{a}の県庁所在地は{b}です。";

//コンソールに出力する
Console.Write(str);

埋め込む文字列の先頭に$を指定します。

結果

愛知県の県庁所在地は名古屋市です。

備考

  • サンプル2の方法は、「文字列補間」と呼ばれます。
  • 文字列補間は、C#6.0以降で使用可能です。

-データ操作
-